茶道教室 表千家


お稽古

 お稽古は、「古(いにしえ)を稽(かんが)う」という字の通り、古人を思いおこし、その経験に習う事と言えます。

茶道には、茶を点てる手前や、その茶をいただく上での約束事が伝えられています。これを「型」と言います。

 型を理屈として、頭で知るだけではなく、体で覚える。

体で古来の振る舞い方を身に付け、主人と客が型を交しあう。

その型に込められた、心を通わせ合い、人に礼を尽くし、大切に物を扱う心身を養う。

 

これが茶のお稽古と言えるでしょう。

 

型という振る舞い方を懸け橋として、心の働きを呼び覚まし、人と人との心を結ぶのです。 茶の湯は、手前の手順を覚えればそれでよい。というものではありません。

基本的な手前や身のこなしを反復して、稽古することで、体と心を整え、礼節ある人格を作ることを目指しています。

 

どうぞ、お気軽にご連絡をください。